網膜上出血(もうまくじょうしゅっけつ)の手術

網膜上出血とは、網膜の上に出血して、視力が低下した状態です。これがあると、視力が低下します。

return to home(眼科医大高功のホームページへ)


原因としては、網膜の中の静脈や動脈のコブ(静脈瘤、動脈瘤)、加齢により網膜変性症によって成長した異常な血管からの出血、などがあります。

 ⇒  

左の写真が出血です。この出血にさえぎられて、視力が出ません。目の中に特殊なガスを入れて、うつ伏せに寝てもらって、出血を押しやった状態にしてから、血管造影で悪い血管を探し出して、そこを焼きます。うまくいけば、上の写真のようにきれいになります。それでもだめなら手術でとってしまうわけです。

最初から手術でがーっととってしまうこともできますが、切らないで治す方法を考えるのもまたプロのテクニックと自画自賛させてください。レーザー光線を使いますので、一応レーザー手術という分類になりますが、切らない手術、ということで、体に優しい、というわけです。

mail: otaka@isao.com

return to home(眼科医大高功のホームページへ)